ホーム > 手続きの流れ

手続きの流れ

1、無料相談

無料相談画像まずは、お電話(0800-111-3160)または、当社のお問合せフォームより
ご相談ください。

2、現況の把握・ご提案

受付後、お客様の滞納状況・残債務などの状況を伺った上で、売却方法やスケジュールなど一番ベストな方法を
ご提案いたします。
状況により、弁護士・司法書士への相談が必要と判断されたた場合、無料相談も可能です。

3、不動産価格調査

不動産価格調査の画像当社独自の査定ノウハウと近隣相場、取引事例をもとに価格査定を行います。
基本的にご自宅にお伺いさせて頂きます。 これは物件の現況や接道状況、周りの
環境等を正確に把握させて頂くためです。
これらの状況によっても不動産の価格は前後致します。
※「営業マンが自宅に出入りすると、ご近所の目が・・・」 というお客様には私服での
 お伺いも対応いたします。

4、媒介契約の締結

売却をお任せ戴くことになりましたら、当社と媒介契約を締結していただきます。
任意売却は専属専任媒介契約もしくは専任媒介契約により進められるのが一般的です。
私供が窓口となり債権者とご売却に向けた調整をさせて頂きます。
物件を販売するための契約ですので、費用は一切かかりません。ご安心ください。
 

5、債権者との交渉

債務者との交渉画像抵当権者である金融機関などの債権者と販売価格など当社スタッフが個別に調整し
確定します。

6、販売活動の開始

業者間情報システム・各種サイト掲載お客様の立場に合わせた売却活動をいたします。
また、状況によりまして『新聞チラシ』『住宅情報誌』および『オープンハウス』などの販売活動も積極的に行います。
(お客様の要望により詳細を伏せての公開も可能です)

7、購入者の決定

ご購入頂けるお客様者が現れた場合、購入申込書(買付申込書)を購入希望者様に頂きます。
購入申込書とは買主様の希望購入金額、住所、氏名、住宅ローン利用の有無等を記入された用紙です。
希望購入金額が売出し価格を大きく下回った場合、債権者の同意を得にくくなりますので、アドバイスさせて頂きます。

8、債権者の同意

購入申込書と売買代金配分表を債権者に提出し、同意を得ます。
債権者(利害関係人)が複数の場合、全ての債権者の同意が必要となります。
売買代金には、売却に関わる諸費用(仲介手数料、司法書士費用など)、管理費等の滞納金やお客様の引越し費用も
含まれます。

9、不動産売買契約

債権者の同意が得られましたら、買主様と売買契約を締結して頂きます。    
売買契約締結時に、おおよその決済日を購入者様に決めていただきます。    
お引越の時期は、ご相談者様の希望に沿うように購入者様と交渉いたします。    
決済日(所有権移転申請日)が引渡し日となった場合、それまでに引越を済ませる必要があります。    
引越費用、ご引越先の相談もさせて頂いております。 
お気軽にご相談ください。

10、お引越し

引越しの画像不動産の引き渡し前にお引越し。
当社では、新居のご紹介や引越し業者の手配も可能です。

11、売買代金の決済

表面的には通常の物件売買と変わりません。
全ての抵当権や差押えは決済時に同時に抹消されます。
当社は任意売却の成功報酬として、売買代金の金額より仲介手数料を頂くことになります。

※当社では、ご相談者様と買主様を出来るだけ別の部屋、または別のテーブルになるようにしております。
 
 

12、新生活のスタート

af9980008482m.jpg任意売却はさまざまな手続きをクリアする必要がありますので
お早めにご相談ください。