ホーム > 任意売却と競売の違い

任意売却と競売の違い

任意売却と競売の違い

住宅を処分し、住宅ローンの返済にあてるやり方として競売があります。
一般的に競売の場合、任意売却より売却価格が低いため残債務が多く残ります。
しかも、金額や売却時期をご自分で決定することができません。

任意売却のメリット

市場価格での売却が可能なため、競売より多くの返済ができます。
通常の売却と変わりなく販売することで、ご近所知られることなく解決ができます。
お引越代・転居先の敷金など、捻出することも可能です。
ご親族などの協力が得られた場合、引越せず解決することも可能です。
 

競売のメリット

落札されるまで家に住めます。

任意売却のデメリット

基本的には決済日(お引渡し日)までに引越が必要となります

競売のデメリット

任意売却より売値が2~3割程度安く落札されてしまうため、残債務が多く残ってしまいます。
落札業者がご近所に聞き込みに廻ったり、競売落札代行業者が最低落札金額・写真などを掲載した広告を近隣に投函したり
電柱に貼る悪質な者もいます。 落札者によっては引越費用なども無く、立ち退きを拒んでいると強制執行をされます。
また、立退きまでの期間の家賃を請求された例もあります。