スタッフブログ

離婚のカタチ

ただいまお預かりしている任意売却、3つの案件。

この3案件すべて離婚となっています。

過去に取組みさせて頂いた任意売却も半分程は離婚なのですが

こうして取組みをさせて頂いていると、離婚も様々だなと感じさせられます。
 

別れて暮らしていても定期的に連絡はとっています。という方。

腹が立って顔も見たくないし喋りたくもない。という方。

もう何年も会ってないし喋ってもいません。という方。
 

私は仕事上でご夫婦だった方wink(元旦那・元嫁)とはお話をさせて頂くのですが

私にはそれぞれが、とても丁寧にお話をして頂けます。

それが少し相手方の話となると微妙にニュアンスに変化が despair

 

数ヶ月前の話ですが、婚約中の彼が何等かの理由で住宅ローンが組めないとのことで

会社務めをされている女性の名前で住宅ローンを組まれました。

結婚後の家を購入したものの、彼からの婚約破棄sign01

20代前半の女性でしたので、いつ住むか分からない家があっても、との事で

任意売却を進めかけたのですが、住宅ローンの支払い以上で借りてもらえる友人が

見つかり任売をやめた事がありました。

 

私の経験からいきますと、『女性は家を守りたがり男性は家を処分したがる』

女性は子供のために・・・があるのかもしれません。

一方男性は、嫁と子供が出て行った家にひとりポツン weep

その寂しさゆえなのでしょうか sign02

全てが当てはまるとは言えませんが、私たちの仕事は、お預かりした物件に

再度、家主の笑い・団欒・やすらぎを与えること。 

 

売主様、買主様、そして私たち。

みんなが良かった!と思えるよう仕事に取組んでまいります scissors

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ninibaikyaku-soudan.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/311